ぽこママのてくてく日記

妊娠中や子育てのこと、ハンドメイドなど。 ついにママになりました。

うつ病だけど通院をやめてしまった旦那。息子1歳。

      2017/06/25

長男を妊娠中にうつ病になってしまった旦那のその後です。
うつ病記事を書かなかったのは、これといって進展・後退がなかったからなのですが
同じように旦那様がうつ病と診断されて悩んでいらっしゃる方もいると思い
その後について記載します。

先に現在の旦那について言わせてもらいますが
旦那は現在もうつを克服はしていません。
それどころか通院もやめてしまったので本当に参考にならないと思います。
(なので記事をかかなかったのです。)
ですがコメントをいただき、気になっている方がいるのかと思い一応書かせていただきます。

そしてコメントをくださった方に、この場をかりて謝罪させていただきます。
記載されていたアドレス宛にメールを送ろうと思ったのですが
エラーになり送ることができず、
またこの記事ももっと早く書きたかったのですが
日々の子育てに追われ、なかなか時間が作れず
記事を書くのに時間がかかってしまいました。
つらい日々を過ごしているなかわざわざコメントを残してくださったのに
このような形になり申し訳ありません。

スポンサーリンク

うつ病の通院をやめてしまった

旦那が鬱だと診断されのが、長男の妊娠4か月ごろのことでした。
精神科で薬を処方されましたが、副作用が強く飲むことができず
休職→復帰→部署移動となり
うつになった原因の一端の上司と離れ、新しい部署に変わったこともあり
一応は仕事に行ける状態になりました。

旦那いわく
「薬なんて飲んでも、環境が変わらなければ、俺は一生このままだ」ということで
本人はあまり病院での治療に意味を見いだせず、積極的ではありませんでした。
また薬の副作用が強すぎて薬を飲むと
仕事をすることに支障をきたすようだったので、そのまま病院に行くのをやめてしまいました。

病院を変えてみる

それから一年あまり
長男も無事生まれ、仕事にも一応は行っている旦那。
はたから見ると鬱は治ったのか?という感じですが
やはり仕事をやめたいということは常々思っており
ことあるごとに、自分なんていない方が良い人間だというようなネガティブ発言を多くしていました。

そんな日々が続き、鬱の診断をされてからちょうど1年。
同じ冬の時期になったとき、鬱のどん底症状がフラッシュバックしてきました。
部署を変わって症状がましになってきていましたが
一年前の辛い気持ちが蘇り、また会社を辞めたいと深刻な顔で相談してきました。

そこで、今度は違う病院に行くことを提案しました。

鬱には病院選びが大切だと聞いたことがあったからです。
信頼できる良い先生が、今度はいるかもしれない。
そう思って今度はメンタルクリニックと名の付く病院を探しました。
違いはよくわかりませんが
メンタルクリニックのほうが話を聞いたりカウンセリングなどに力をいれてそうだな、と思ったのです。

いろいろな病院に問い合わせてみましたが
予約がいっぱい。または今は新しい患者をとっていない。
3か月後でないと受診できない。など、病院探しは難航しました。
世の中にこんなに精神を病んでいる人がいるということですよね。
それにも驚きました。
皆さん、精神を病みながらも仕事に行ったり生活をしているのでしょうか…。

何件も問い合わせをし、一件だけ予約が取れて診てもらえることになりました。
そしてその病院では「できれば奥様も一緒に診察にいらしてください」ということを言われました。
前の病院では、そういったことは言われず
数回行った診察も本人のみの受診でした。
(妊娠中のつわりで付き添ってはいましたが体調が優れず先に帰ったり、または行けなかったりでした)

そのように言われたことに、私は少なからず好感をもちました。
だって、うつ病って絶対に家族のサポートや理解も必要でしょうし
私から見た旦那の様子などを先生に話すことも必要だと思ってたからです。
また、電話の方の話しも優しく丁寧で
話しているうちに私自身も涙が溢れてきてしまいました。

「ここならば…」と私は希望をもつことができました。

すみません、時間がないので本日はここまでです。
後日追記・または新しく記事を書きます。
----

追記します。

実際そちらの病院は綺麗で、受付の方の対応もよく
好感が持てました。

旦那が先生と話をしている間に、私はカウンセラーさんのような方と別室で話をしました。
その方は、主人の病状について私から聞くのと同時に私のこころの心配もしてくれました。

そこで話したのは
・主人のうつのこと
・わたしの精神状態のこと
・わたし自身は誰かにこのことを相談出来ているのか
などでした。

そういわれて、私自身は正直なわたしの気持ちを誰にも打ち明けられずにいたことに気づきました。

主人側の親はうつのことは知っていますが、
そちらには正直なわたしの本音、愚痴、思ってることはもちろん言えません。

わたし側の親には、主人が気まずい思いをするのではと鬱のことさえ話せていないので、相談すらできません。

もちろん、昔からの友達にも、ママ友にも、誰にも話せない。
そんな私の気持ちを汲んでくれました。

私としては、
この病院は前とは違う。ここならば鬱も治るかもしれない。と思えたのです。

しかし、診察が終わり旦那に病院の感想を聞くと
「前と別に変わらない」という期待とはかけはなれたものでした。
薬も処方されました。
以前副作用が辛かったものとは別のものです。
ですがこの薬もだるさが辛く、飲めませんでした。

次の診察の時に、副作用の事を相談すると
薬は飲まずに治していこうということになったのですが
そのとき、以前行った血液検査の数値に問題があったので他の病院での精密検査を勧められ紹介状を貰いました。
次の診察は、その精密検査が済んでから、ということになったのですが
身内の不幸などが重なり、検査の予約が流れ、そのままになってしまい
旦那自身が、やはり病院での診察に意味を見いだせず、病院にいっても治らないと言い張るため、結局2つめの病院も行くのをやめてしまったのです。

その後、本人もなんとか持ち直し、会社にも行っていたので私もうるさく病院に行けとは言いませんでした。

そして最近は、転職をしたいと言いだし
転職活動中を開始しました。
そのためうつの治療もとくに行っていません。
会社が変わって、新しい環境で再スタートが出来れば良くなると信じているようです。

転職活動は、主人の経歴上すこし難航していますが本人がやる気になっているのなら、本人のしたいようにさせようと思っています。

ざっと書きましたが、このような感じでとくに進展もなく
よい治療もしておらず、まったく参考にならないと思います。

長々とお読みいただきありがとうございます。

 - うつ病