ぽこママのてくてく日記

妊娠中や子育てのこと、ハンドメイドなど。 ついにママになりました。

赤ちゃんのアレルギー対策は保湿が重要!気管支喘息の予防効果も!?

   

赤ちゃんに効果的なアレルギー対策には
どういったものがあるのでしょうか。
2016年4月30日に放送された世界一受けたい授業で、
昭和大学医学部の今井孝成先生が
効果的なアレルギー対策を教えてくれました。

スポンサーリンク

最新研究で分かってきたアレルギーの新常識とは!?

今や日本国民の2人に1人が
花粉症、気管支喘息、アトピー性皮膚炎などの
何らかのアレルギーを持っていると言われています。

豆腐の原料である大豆には
微量ですがコバルトなどの金属が含まれており、
金属アレルギーの人が
豆腐を食べ過ぎると
手のひらや足の裏がかゆくなる
こともあるそうです。

今井孝成先生

講師は厚生労働省の
アレルギー指導書も作成した
昭和大学医学部の今井孝成先生でした。

先生は

「アレルギー対策の初めの一歩は
正しい知識を身に着けることです。」

と言います。

note

第1子はアレルギーになりやすい

アメリカのサウスカロライナ大学の研究によると、
最初に生まれた子(第1子)は
アレルギーになりやすいことが分かってきました。

研究では約1200人の新生児のへその緒の血液を調べ、
アレルギー反応を引き起こす
IgEという抗体の量を計測しました。
IgEの量が多いほどアレルギーになりやすいのですが、

  • 第1子:16.5%
  • 第2子:12.8%
  • 第3子:8.0%

という結果が出ました。

また、2016年2月にデンマークで発表された研究では
アレルギーから守ってくれる免疫細胞の数が
第2子以降に比べ、第1子が少ないことも分かっています。

つまり、第1子は第2子以降に比べ、
アレルギーを引き起こす抗体が多く、
アレルギーを抑えてくれる細胞が少ないということです。

赤ちゃんの時にできるアレルギー対策

赤ちゃんのうちに皮膚を保湿することで、
アレルギーに対して強くなることができます。

最近の研究でアレルギーの原因物質は
皮膚からも体内に入ることが分かってきました。

皮膚が乾燥すると、外部から異物の侵入を防ぐ
皮膚のバリア機能が低下してしまいます。
その結果、アレルギーの原因物質を
体内に取り込んでしまい、
アトピー性皮膚炎などを引き起こしてしまいます。

例えば食べカスやハウスダストなどが
皮膚の表面につき、体内に入ってしまいます。

赤ちゃんの頃は皮膚のバリア機能が未発達なので、
しっかりと保湿することが大切です。
生後6ヶ月までを目安に全身の保湿をすることで、
アトピー性皮膚炎を3割以上抑えられることが分かってきています。

アレルギーマーチ

赤ちゃんの頃に最初になりやすいアレルギーは

  • アトピー性皮膚炎
  • 食物アレルギー

と言われています。

このどちらかにかかると、
その後3歳くらいで気管支喘息になり、
10歳くらいで花粉症になる確率が高くなります。

この連鎖をアレルギーマーチと呼びます。

アレルギーマーチを引き起こさないためにも
赤ちゃんの全身の保湿は大事な対策の一つです。

 - 役立つ情報