ぽこママのてくてく日記

妊娠中や子育てのこと、ハンドメイドなど。 ついにママになりました。

子供にアレルギー遺伝の確率は?原因や予防方法などを紹介

   

アレルギーは遺伝するか?
最近増えている子どものアレルギーが気になりいろいろと調べてみました。
アレルギーの原因や予防方法などを紹介します。

スポンサーリンク

アレルギーの遺伝

アレルギーを持っている人の子ども100%がアレルギーになるわけではありませんが
親がアレルギー体質だと子どももアレルギーを持って産まれる可能性は高くなります。

両親ともアレルギーの場合は50%
どちらかがアレルギーの場合30%
の確率で遺伝すると言われています。

どちらがアレルギー

母体がアレルギーの場合子どもへの遺伝は30%と言われています。
30%という数字は多いのか少ないのか。
半分以下の確率なので少ないととるかたも多いかもしれませんね。
父親だけがアレルギーの場合は若干確率が下がるようです。

両親がアレルギーでなくても

両親がアレルギーでない場合でも子どもが発症する場合もあります。
両親がアレルギーの遺伝子を持っていても発症しておらず
子どもだけアレルギーが発症したパターンです。
生活環境などいろいろな要因により発症してしまいます。

何故最近アレルギーの子どもが増えているのか

以前まではそんなに聞かなかったアレルギーも近年増加傾向にあります。
それは何故でしょうか。

食生活

欧米風の食事が増え、以前は大豆などを多く使った日本食がメインでしたが
動物性タンパク質を多く摂取する食事が増えました。
それにより日本人の腸内最近の状態が変わったことが要因のひとつとして上げられています。

食品添加物

加工食品が増え簡単に調理のできる便利な世の中になりました。
しかしそういったものに多く含まれている食品添加物がアレルギーを
起こしたり、悪化する原因になっていると言われています。

夜型の生活

電気が出来て、夜でも明るい世の中になりました。
そのため暗くなったら寝る、という文化から夜遅くまで起きている人が増え
自律神経が乱れました。
そのため体の免疫機能などが弱まりアレルギーを発症しやすくなったことも考えられます。

対策

様々な要因からアレルギーとなる人が増え、
結果子どものアレルギーも増えているのです。

私自身はまだアレルギーを発症していませんが、兄も妹も花粉症を持っています。
ということは私の中にもアレルギーの遺伝子があるかもしれないということです。
また、旦那は鼻炎も持っていたり
旦那の姪っ子甥っ子は犬猫アレルギーを持っています。
近い血縁関係にアレルギー持ちがいるので
アレルギー発症の確率は高いと言えるのかもしれません。

乳酸菌

ヨーグルトなどに含まれる乳酸菌は花粉症などのアレルギー対策として
有効な成分であるということは有名です。

また母乳にもアレルギーを起こさせないようにする成分が豊富に含まれているため
子どもがアレルギーの遺伝子を持っていたとしても発症させないことが出来るまもしれません。

妊娠中も出産後も母体が積極的に乳酸菌を摂取することで
アレルギーを起こさない・軽くすることが期待できます。

 - 妊娠中