ぽこママのてくてく日記

妊娠中や子育てのこと、ハンドメイドなど。 ついにママになりました。

新生児なのに全然寝ない!3時間の授乳間隔も開きすぎて不安に

   

出産から早数ヶ月。
新生児の時からあまり寝てくれなかった我が子。
毎日ろくに寝ることも叶わず、育児に奮闘する日々…
3時間ごとの授乳間隔も開きすぎてしまい、不安な毎日を過ごしていました。

スポンサーリンク

新生児期

産院に入院中は寝て(いると思って)いた我が子でしたが
退院するとなかなか寝てくれません。
もしかしたら入院中も寝ていなかったのかもしれませんが
授乳室で母乳をあげた後は、赤ちゃんが寝ていなくても助産師さんが
「いいよ~もう寝ておいで~」と言ってくださったので
お言葉に甘えて病室に帰っていたため
赤ちゃんがこんなに寝ないものだということを知らなかったのです。

しかし私は里帰り出産だったので、日中は赤ちゃんの面倒を母に見てもらって
なんとか数時間まとまって睡眠をとる事が出来ました。

なので世の中の里帰り出産をしていないママさんたちは
眠れない日々を過ごして本当に本当に大変だと思います。

退院してから寝てくれない

出産から5日。
ありがたいことに母子ともに健康だった私たちは晴れて退院をしました。
しかし、そこから寝てくれない我が子との闘いが始まったのです。

新生児期の赤ちゃんといえば一日のほとんどを寝て過ごすものです。
個人差はあれど15~20時間を寝て過ごすこの時期に
あろうことか我が子はトータルで9時間ほどしか寝ない日もしばしば。
この睡眠時間、細切れのため30分ほどで起きている場合もあります。
なので、こっちはやっとウトウトし始めたときに
「うぎゃーーーー!」と泣き出され寝られない、なんてことはしょっちゅうでした。

3時間ごとの授乳

さらにこの時期は基本的に3時間ごとの授乳になります。
この3時間授乳というのがじつはやっかいで
3時間も眠れるんだ!と思ったら大間違いでした。
3時間のカウントは基本的に飲み始めた授乳時間から数えますので
20分でミルクを飲んで眠りについたのなら2時間30分ほど眠れますが
世の中そんなに上手くは行きません。

我が子の場合は母乳を20分吸わせたあとに
40~50mlほどミルクを足すように指導をされていました。
そのミルクを哺乳瓶で飲むのに、長いときは30~40分以上かかりました。
早くても25分ほどはかかったと思います。
まだ母乳も哺乳瓶も上手く吸うことが出来なかったのです。
ミルクはだいたい10分ほどで飲めるくらいの量が理想的という話もありますが
生後一か月の間は体重を増やすことに気を取られるあまり
言われた量を頑張ってなんとか飲ませていました。
今考えると、そこまで量に固執しなくてもよかったのではないかと反省していますが
あのころは生まれて間もない我が子を必死で守らなければという意識が強かったと思います。
生後4か月経とうとしている今はもうすこし心にゆとりが出来、
良い意味で肩の力を抜いて、「飲まないんなら仕方ない」と思えるように変わりました。

話をもどしますね。
結局トータル1時間以上授乳にかかり、そのあとゲップをさせます。
出なくても5分ほどはトントンと背中をたたきます。
そのゲップで起きてしまうこともありましたし
上手く寝てくれても、
ゲップをしていなければ吐き戻したミルクがのどに詰まって
窒息してしまわないかなど心配でたまりません。
夜中、なんども起きては息をしているか確認していました。

さらに私の場合は、母乳の生産量を減らさないために
子供が寝た後は搾乳機での搾乳もしていました。

全て終わったら搾乳機と哺乳瓶を洗って消毒して…と
そんなこんなで1時間30~2時間はかかっていたのです。
するとどうでしょう。次の授乳までの時間は………

ということなのです。

夜中の授乳で起きない

なかなか寝ない我が子ですが
逆に眠ってしまうとなかなか起きない子でもありました。
日中に6時間近く起きている時もあるので
本人も相当眠かったのだと思います。

我が子の場合だいたい夜は6時頃と9時時頃の授乳の後寝ずに
12時に飲んでやっと眠る…というリズムでした。
そのリズムで行くと次の授乳は3時ころの予定です。
しかし3時を過ぎても起きません、
オムツを替えてもまた眠ってしまいます。
声をかけたり、足の裏をくすぐったり
だっこして無理やり吸わせてみても起きません。

私がいた産院の助産師さんは
「ぴったり3時間で起こさなくても30~1時間くらい様子みて大丈夫」と
言ってはいましたが、1時間様子を見ても起きる気配がなく…
結局、まだ1ヶ月未満の新生児なのに5時間近く間隔があいてしまうことも多かったです。

授乳間隔が開きすぎて心配

3時間授乳でなければならないこの時期に
そんなに間が空いてしまって、脱水症状をおこしたり(夏産まれなので特に)
なにか大変な事態になってしまうのではないかと気が気ではありませんでした。
母乳相談で助産師さんに相談しても
「なんとか頑張って起こして3時間ごとに授乳して」と言われるのですが
なにをしても起きないのです…。

せっかくぐっすり眠っているのに
むりに起こすのもかわいそうになってきます。
そんな感じで授乳間隔が開き気味だった我が子ですが
一か月検診では、順調に体重も増えていて特に問題はありませんでした。

助産師さんは確かに3時間で授乳して、と言うかもしれません。
だって、「大丈夫」とか適当なこと言って何かあっては責任とれませんからね。
でも赤ちゃんだってお腹がすいたら自分で泣いて教えてくれます。

一か月検診の前後くらいからは、夜中無理に起こすことはやめました。
赤ちゃんが自然とお腹が空いて起きるまでは待つことにしました。

夜中寝てくれないと嘆くお母さんが多い中、我が子は新生児の内から
夜中5時間ほどまとまって眠ってくれる子だったので
逆にありがたいと思おう!と開き直り、眠らせてもらうことにしました。
(その分、昼間6時間近く起きていたりするんですけどね)
夜中の母乳量を維持するため、搾乳だけはした方が良いと思うのですが
眠すぎて無理な時は搾乳もせずに寝てしまっていました。

私のこの方法は3時間授乳を推奨されている方には
ありえない!とお叱りを受けそうですが
3時間で起きない我が子を1時間も2時間も夜中に頑張って揺り起こして
そのあと1時間30分の授乳をする…、なんて生活を続けていたらこちらが倒れてしまいます。

ママが休むことも大切です。
もし同じように、夜中の授乳にお悩みの方がいたら
少し考え方を緩くしてもよいのではないかと思ったのです。
確かに脱水症状だったり、なにか危険があるかもしれませんので
様子を見るのは大切ですが
オムツを替えても起きないのなら
また横になって次に赤ちゃんが起きる時まで休むことも大切かなと思うのです。

決して楽な事ではない

こんなことを書いていると
「なんだ。眠れてるじゃん」とか「楽そうだな」とか思われるかもしれませんが。
夜中2時頃までなかなか眠らずに
ずっと抱っこでゆらゆら、なんてこともしょっちゅうでした。
そこから長くて5時間寝て(毎日5時間寝るととは限りませんよ。
授乳から眠るまでに時間があけばすぐにお腹が空いて起きます。)
その後も授乳。
飲んでもすぐには寝てくれなくてグズグズ。ずっと抱っこでゆらゆら…。

しかもただ自分が眠れなくて夜中起きていたり
パソコンやスマホをいじって夜更かしをしているのとでは
体力の消耗がぜんぜん違います。

そんな生活が出産という命がけの大仕事をしたその日から始まっています。
出産の傷は全治8か月の大けがと同じだと聞きます。
全治8か月の人は、怪我から1ヶ月の時は絶対安静にすごしているはずです。
そんな中での慣れない育児。
楽な人なんていないはずです。
この記事を読んでいる人はほとんどが育児真っ只中の女性かもしれませんが
男性の方がもしも読んでいたならば
是非奥さまにねぎらいの言葉をかけてあげてくださいね。

お仕事があって、夜中起きて手伝うのは難しいかもしれません。
それでも、毎日大変なんだというのを理解してもらえるだけでもママたちは救われます。

 - 育児