ぽこママのてくてく日記

妊娠中や子育てのこと、ハンドメイドなど。 ついにママになりました。

ベビーカーを人気のランフィ・コンビ・グレコで迷った結果?

      2016/12/21

赤ちゃん用品の中でも高額の買い物の1つになるのがベビーカーではないでしょうか。
A型B型とかいろいろあるけど結局どっちが良いの?
私も購入前はさんざん迷いました。
そして結局購入したのはピジョンのランフィーというベビーカーです。

購入の決め手と、使い勝手について書いていきたいと思います。

スポンサーリンク

A型B型の違いとは?

A型のベビーカーとB型ベビーカー
それぞれメリット・デメリットがあります。
ベビーカーを選ぶ際は、自分のライフスタイルに合わせて
選んだ方が良いので違いも簡単に書いておきますね。

A型ベビーカーの特徴

  • 新生児のうちから使える
  • リクライニングが出来、3歳ごろまで使用可能
  • しっかりした作りで、クッション性も高い
  • ハンドルを切り替えて対面式にできるものが多い

そしでデメリットは

  • 重たい
  • 価格が高め
  • 折りたたんでも結構場所をとる

と、使える期間も長く、走行も安定していて
安心感が高いものの
ベビーカー自体が大きく、重ためなので
階段の上り下り、車への積み込みなどが大変です。

B型ベビーカーの特徴

メリット

  • 軽くコンパクトなものが多い
  • 価格も比較的安め

デメリット

  • 首・腰がすわるころまで使用できない
  • リクライニングがない

首・腰のすわる生後7か月頃まで使えないということがデメリットですが
そのほかの点では圧倒的にB型ベビーカーが
我が家のライフスタイルには合っていました。

最初はB型の購入を検討していた

我が家は階段なしのアパートの二階に住んでいたので
階段の上り下りを考え
首が据わるまでは抱っこで頑張って
そのうちB型の軽いベビーカーを購入しようと思っていました。
father
A型は子供が大きくなると、出番が減り
結局はB型ベビーカーを買うことになるという話を聞いたからです。

3歳ごろまで使える、とは言っても
7か月ころからB型に乗れるとすると
A型ベビーカーが活躍するのは半年程度と短い期間です。

なのでその半年程度の間だけA型をレンタルして
あとからB型ベビーカーを購入するという人も多いようです。

A型ベビーカーを購入した理由

そんな我が家ですが、結局はA型ベビーカーを購入しました。
その理由はというと、
やはり…大は小をかねる!からです。

A型は購入しない気持ちの方が大きかった私ですが
一応店頭で店員さんのお話を聞いてみることに。
近くの赤ちゃん本舗には生まれる前に2回、産まれてから1回と
合計3回も足を運びました。
ほかにもベビーザらスと西松屋にも足を運びました。

そうして実物を見ている内に気になるベビーカーが出てきたのです。
さらに実際に、産まれたばかりの赤ちゃんを抱いてみると
ふにゃふにゃで、繊細で
抱っこしているのだって気を遣って大変です。
生後間もないうちは、新生児から使える抱っこ紐を使っていても
首がかっくんかっくんするのが気になり
さらに抱っこ紐とはいえ、手で支えていないと不安で
とても赤ちゃんと私だけで買い物に行って
荷物を持てるとは思えませんでした。

万が一買い物の時落としたら…?
どこかに頭をぶつけたら…?

そんな不安が大きくなり
結局は出産後、一か月検診のあたりで
A型ベビーカーを購入することにしたのです。

気になったベビーカー

3回も4回もベビーカー売り場に通い気になったのは
以下の3つのベビーカーでした。

  • コンビ メチャカルハンディー
  • グレコ シティエース
  • ピジョン ランフィ

ちなみに私のこだわりポイントとして

  • 軽くてコンパクト
  • オート4キャス
  • 買い物かごが入ると嬉しい

という点でした。
ちなみにオート4キャスとは
ベビーカーのハンドルを対面・背面に切り替えたときに
自動で進行方向の前輪のタイヤが回転する機能です。
これがないと対面式に切り替えた時
タイヤが動きにくく、操作しずらいのです。
(対面にして使わない人には必要のない機能です)

コンビ メチャカルハンディー

オート4キャスの中で最軽量だというめちゃカルハンディー。
こちらは、折りたたんだ状態での持ち運びが楽になるように
持ち手が付いています。
その持ち手があることで、階段の上り下りも楽にできるようになっています。
(通常のベビーカーの持ち手の部分をもつと
階段にベビーカーのタイヤなどがぶつかり運び辛いです)

グレコ シティエース

荷物入れのところにスーパーなどの買い物かごが入る作りになっています。
ベビーカーで買い物の際、カートを二台押すのは不可能ですよね。
かといって片手にカゴ、片手にベビーカーでは危ないし重たい。
そんなママたちの悩みを解消する画期的なベビーカーです。

※オート4キャスではありません。

ピジョン ランフィ

我が家が選んだベビーカーはこちらです。

オート4キャスで、軽量の5.4kg。
ハイポジションシートと言って、赤ちゃんの寝ているところが地面から遠いため
ホコリや(夏場は)地面の熱からも赤ちゃんを遠ざけてくれます。
一番のお気に入りポイントはタイヤです。
大きなクッション性の高いタイヤが
ガタガタ地面の衝撃から赤ちゃんを守ってくれます。

ランフィ購入の決め手

前述したとおり、ベビーカー購入で私が考えたポイントがこちらです。

  • 軽くてコンパクト
  • オート4キャス
  • 買い物かごが入ると嬉しい

軽くてコンパクト、というのはメチャカルの方が上でしたが
わずかな差なので我慢することに。
また、店員さんの
「2階くらいならランフィでも大丈夫!
3階4階ならメチャカルをおすすめしますけど」
という言葉でランフィに軍配が上がりました。

買い物かごに関しては
本当はいけないのだけれど
「みなさん持ち手にフックにかけてますよ」という店員さんの言葉を参考にこちらも我慢。

※持ち手にフックをかけて、そこに買い物かごをつるすと
ベビーカーのバランスが悪くなりますので
重たいものを入れ過ぎない。ベビーカーから手を離さない。など
必ず注意して自己責任でお願いします。

そしてなによりランフィ購入の決め手となったのがタイヤです。
ランフィのタイヤは自転車などのような
ゴム製のタイヤでした。(伝わるかな?)
ほとんどが、プラスチックのような硬いタイヤなのに対して
ランフィのタイヤは大きく、クッション性も高くできていました。

歩道などの段差を乗りこえる衝撃を吸収してくれるので
赤ちゃんの負担が軽くなります。
凸凹道でも安心して走行できます。

ランフィを使った感想

そして結局実際に使ってみてどうだったか、という点ですが
とても押しやすいです。
曲がるときも小回りがききますし、動きは滑らかだと思います。

A型ベビーカーなので、やはり少し大きく感じますがそれは仕方ないです。

自宅での階段の上り下りですが
らくらく♪とまでは行きませんが
女性でも頑張れば、赤ちゃんとベビーカーと買い物袋とをかついで登れます。

が、危ないので結局は
赤ちゃんを先に抱っこして二階へあがり、
その後、アパートの前に放置したベビーカーを急いで回収する
というスタイルに落ち着いています。
きっとメチャカルを購入したとしても同じスタイルだったでしょう。

買い物カゴも、ベビーカー自体がしっかりしたつくりなので
多少の重いもの(野菜と牛乳)などでも
ベビーカーフックで大丈夫です。

総合的にはA型が良い

子供の首が据わった今になって思うと
やっぱり我慢してB型にすればよかったかなと
思う時もありますが
子供はぜったい1人!と決めている人なら良いかもしれませんが
うちのように何人か欲しい、と考えている家庭は
レンタルだと結局高くつくし
2回も3回も、首が据わるまでの期間抱っこで
しかも2人目3人目の時は上の子もいるのか…
と考えたとき
やはりA型を買っておいて良かったのだ、と思います。

大は小をかねる。
この言葉通り、どうしてもB型が必要になれば買えば良いですが
買わなくてもA型があればなんとかなることを考えると
総合的にはA型で良かったと思っております。

 - 育児