ぽこママのてくてく日記

妊娠中や子育てのこと、ハンドメイドなど。 ついにママになりました。

子宮卵管造影検査の体験談!鈍痛を感じました…そして妊娠

   

生理が来たので、血液検査をしに病院を訪れたり
子宮卵管造影検査を行いました。
子宮卵管造影検査の私の体験談を書きます。
その後のゴールデン期間と言われる時に妊娠をしました。

スポンサーリンク

生理が来たので血液検査と黄体ホルモンの検査

初受診から数日後、生理が来たので病院を訪れました。
この二つの検査は採血をするだけなのですぐに終わりました。
後日、また子宮卵管造影をするために病院を訪れます。

子宮卵管造影検査とは

卵管に詰まりがないかを見る検査だということでした。
卵管が詰まっていると、受精卵が子宮まで辿り着くことが出来ずに不妊につながるそうです。
検査では多少の痛みが伴うのと、検査後に出血があるためナプキンを持参するように言われていました。
私の所では特に運転を控えるようになどは言われませんでしたが
検査に使用する造影剤の影響で、病院によっては検査後の運転を控えるように言われることがあるそうです。

子宮卵管造影の口コミ

痛みを伴う検査、ということに恐れを感じネットで体験談を漁りました。
「生理痛程度の痛み」というような比較的楽に済んだ感想もあれば
「気を失うほどの痛み」という人もいて、人それぞれのようです。
次からは私の体験談です。

子宮卵管造影検査は痛かった

病院へ行くと、お腹の動きを止めるための飲み薬と痛み止めの座薬を処方されました。
薬を飲んでから30分ほど、効果が出てくるのを待ちます。
産婦人科からレントゲン室へ移動するのですが、私を入れて3人の女性がその日同じ検査をするようでした。
1人は旦那様の付き添いがありました。
検査着に着替え、順番に呼ばれてレントゲンを取ります。
まず下の方から造影剤を入れられるのですが
これが入ってくると、腰の方に重い痛みを感じました。
確かに生理痛の痛みに似ていますが、私の普段の生理痛よりも重たい痛みです。
冷や汗をかきながらなんとか検査をするのですが、
途中、横向きの写真を撮るということで向きを変えます。
が、私は痛みでひーひー言いながら看護婦さんの助けを受けやっとの思いで体勢を変えます。
体勢を戻す時も大変でした。
検査時間はおそらく3分ほどですが、私にはそれよりももっと長い時間に感じられました。

検査が終わった後も、すぐには検査台から動けず
看護婦さんに深呼吸をするように言われしばらく横になっていました。

数分後、痛みが和らいできたように感じたので検査室を出て産婦人科まで1人で帰ります。
その道のりおよそ50m。(途中階段あり)
壁に手を付き、腰を曲げて冷や汗をかきながらの道のりでした。

産婦人科の待合室に戻ると、同じ検査を受けた女性2人はすでに帰ってきていました。
そのうちの1人、旦那様の付き添いのあった方はもうすでにピンピンとしていて
待合室を歩いたり、元気そうな声で旦那様と話していました。

それを見て、本当に個人差が大きいのだなと感じました。
私は椅子でうずくまっているのがやっとで、まだ変な汗が出てきます。

検査結果はすぐに出ました。
特に問題はないということを聞き、
まだ痛みがあったのでしばらく待合室で休ませてもらってから車を運転して帰りました。

子宮卵管造影検査後はゴールデン期間

痛みを伴う検査ですが、この検査の後は妊娠のゴールデン期間と言われているそうで
検査後半年は妊娠率が上がるそうです。
私はこの検査の月には出来ませんでしたが、その次の月に妊娠しました。
友人はこの検査をやった同じ月に妊娠をしました。

 - 妊娠前