ぽこママのてくてく日記

妊娠中や子育てのこと、ハンドメイドなど。 ついにママになりました。

育休の宮崎議員が妻の出産入院中に不倫!?国会議員夫婦の育休問題

      2016/02/17

妻の出産の際、自身も育児を手伝うために
育休をとることを表明し賛否両論、話題となった宮崎謙介衆院議員(35)が
なんと妻の入院中に女性を連れ込んだという不倫疑惑が浮上しています。

スポンサーリンク

育休申請

宮崎議員は妻である金子恵美衆院議員(37)の
第1子出産時に育休を取得したいと申し出て、世間で話題となっていた人です。

迷惑をかけないか

実際自分の旦那が育休を取ると言い出したら
有り難い反面、不安になることが多いと思います。
長期間休んで仕事は大丈夫なのか?上司の評価は?周りの反応は?
もちろん認められている権利だとはいえ
会社を休むとなれば誰かしらに迷惑をかけてしまうものです。

旦那の為に誰かが残業や休日出勤をしているかもしれない…
誰かに不満に思われているかもしれない…

そんな心配をするくらいなら旦那にはしっかり働いてきて、
妻のことを安心させて欲しいとも思います。

制度はあるのに使用されないのはそういった場合の
対応策が出来ていないからだとも思います。

名ばかりの制度

個人的には国会議員だろうとなんだろうと
正式に認められている制度を利用するのは良いことだと思いました。
男性の育休も認められるようになったとはいえ
実際にそれを利用している人は現実には少ないからです。
国民の代表者である彼ら国会議員が率先して利用することで
世の中の風潮も変わって、育休やその他の認められた権利を行使しやすくなるのではと思ったからです。

しかし奥様まで国会議員とは知りませんでした。(無知ですが)
ならば、どちらか(旦那様)は
さすがに遠慮して取らなくても良いんじゃないかと思ってしまいます。
税金が支払われているわけですからね。
叩かれるのは予想できたのではと…。

不倫?

しかし2016年2月10日発売の週刊文春で
宮崎議員の妻・恵美さんが都内の病院に入院している最中に、
京都の自宅に若い女性を連れ込んだという不倫疑惑が浮上したというのです。

これでは話しが変わってきますよね…。

育児休業を休暇だと思ってないか

育児休業とは名の通り、休業です。休暇ではありません。
それなのに出産間近の妻を労り、助けるはずの旦那さまが
他の女性と…だなんて言語道断です。
ちなみに奥様は2016年2月5日に元気な男の子を出産されています。
そのことを宮崎議員は大変喜んだ様子で自身のブログに書いていました。

が、いつ奥様とお子様の身に何が起こるか分からない臨月という状況にもかかわらず
このような行動をとると言うのは
本当に奥様を心配して育休を申請した男性のすることなのかと疑念を抱かずにはいられません。

妊娠出産で当たり前のように母子ともに健康でいれる時代だからあまり意識されませんが
本来妊娠出産とは命がけの仕事です。
出産後の女性は全治8ヶ月の怪我を負った状態に等しいほど
体はボロボロになっていると言います。

宮崎議員のこの報道のせいでさらに育休取得に対する
世の中の風当たりが強くなることが残念に思います。

 - 妊娠ニュース