ぽこママのてくてく日記

妊娠中や子育てのこと、ハンドメイドなど。 ついにママになりました。

妊婦のインフルエンザ!予防接種とリスク!子供の双極性障害って?

   

妊婦はインフルエンザの予防注射をしたほうがいいの?
しても大丈夫なの?という疑問を抱き調べてみました。
インフルエンザになった時の赤ちゃんへの影響なども考えていきます。

スポンサーリンク

妊娠中にかかると大変

インフルエンザは妊娠中にかかると厄介な病気の一つです。
なぜなら妊娠中というのは免疫力が弱まっているので
重症化しやすいからだそうです。
妊婦さんがインフルエンザになると一般の方よりも
10倍の確率で入院をなってしまうことが多いのです。

双極性障害

妊娠中にインフルエンザにかかるとお腹の子どもが
双極性障害になるリスクが3.8倍になります。

双極性障害とは躁うつ病のことで
躁(そう)状態…、つまり怒りやすくなったり興奮したりする状態と
うつ状態、落ち込んでしまう状態を繰り返す症状のことです。

インフルエンザにかかった全ての妊婦さんのお子さんが
そうなるわけではありませんが、リスクは高まります。

インフルエンザの薬の胎児への影響は?

インフルエンザの薬として有名なタミフルは妊娠中に服用しても
奇形などの有害な作用はないと発表されています。
ですのでインフルエンザになってしまった場合は
なるべく早く薬を処方してもらうことで重篤化を防ぐことが大切です。

妊婦のインフルエンザの予防摂取

妊娠中だと受けられない予防接種などがありますが
インフルエンザの予防接種は妊娠中でもうけることが出来ます。
インフルエンザになってしまってからでは大変なので
なるべく受けておいた方が良いと言えます。
また胎児へのリスクもほとんどないということでした。

しかし、ワクチンに含まれる防腐剤に微量の水銀が含まれている場合もあるそうです。
気になる方は病院に問い合わせてみたほうが良いかもしれません。
しかし、水銀が含まれているといっても
マグロを食べるよりも少ない量の水銀ということなので
ほとんど問題ないというレベルのようです。

家族の協力

妊婦さん本人だけが気をつけていても仕方ありません。
家族がインフルエンザにかかってしまったら
予防接種を受けていたとしても
インフルエンザにかかってしまう可能性があります。
普段よりもさらに気をつけて健康なマタニティライフを過ごして下さいね。

 - 妊娠中