ぽこママのてくてく日記

妊娠中や子育てのこと、ハンドメイドなど。 ついにママになりました。

赤ちゃんのアトピーや花粉症の原因・予防方法!都会の子は花粉症になりやすい

   

赤ちゃんのアトピー性皮膚炎や、花粉症などの予防についてです。
都会の子どもは花粉症になりやすいって本当!?
子供をアトピーや花粉から守る方法を考えて行きます。

スポンサーリンク

アトピーについて

低月齢の赤ちゃんは湿疹ができやすく、それがアトピーではないかと心配する
お母さんが多いようです。
アトピーにはいろいろなタイプがあり、原因も1つというわけではありませんが
産まれてすぐからのスキンケアによって予防をすることが出来ると考えられています。

アトピーとは

早ければ生後2ヶ月頃からアトピーと診断される子もいるようです。
かゆみのある湿疹が顔や体に繰り返しできる病気です。

保湿ケアをして1週間以上しても
湿疹や肌荒れが治らない場合は病院を受診しましょう。
とくに家族にアトピーの人がいるという場合には
かゆみ、赤みが出た場合は早めに受診しましょう。

アトピーの原因

アトピーの原因は生まれつきの免疫機能の異常と考えられてきました。
しかしここ最近では、
皮膚や気道、消化器官などの外界の異物と接する部分の
バリア機能の低下が原因で
アトピー性皮膚炎を発症する場合があるということがわかってきました。

アトピーの予防

肌を清潔にたもち、保湿することが大切です。
1日1回は入浴し、弱酸性の洗浄料をよく泡立てて、ていねいに体を洗います。
入浴後はしっかり水分を拭き取り、保湿剤を塗ります。
離乳食のあとやおむつ替えのあとも、汚れを落としたあとは保湿剤を塗ります。
衣類などでこすれる部分、皮膚が薄い顔などはとくに念入りに保湿します。

使用する水にもこだわったスキンケアローションです。
人の肌にもっとも近いと言われているヒト型セラミドを使用し
赤ちゃんのお肌の潤いをしっかり保ちます。
また合成香料やパラベン、鉱物油、アルコールやエタノールなども無添加で
赤ちゃんにも安心して使えます。



赤ちゃんの花粉症について

近年花粉症になる人が増えています。
まだ小さな子供がマスクやメガネで完全防備している姿も
見かけるようになってきました。
小さいうちから花粉症になってしまうなんて大変ですよね。
原因や予防を紹介します。

花粉症とは

体内に入った花粉に反応してアレルギーの症状がでます。
主な症状は大人と同じですが
乳幼児は基本的には鼻呼吸ですが、口呼吸になることが多くなり
くしゃみや鼻水の症状は目立たず
目の充血やかゆみによって花粉症と気づくケースが多いそうです。

都会の子は花粉症になりやすい?

花粉症は大気汚染との関係が深く、ディーゼルの排ガスが多い都会では
花粉症になりやすくなってしまうようです。

花粉症の予防

花粉との接触をさけて、体内への侵入を未然に防ぎます。
花粉の飛散量の多い日は、窓を開けたり洗濯を外に干すなどをしないようにし
家の中に花粉を持ち込まないようにします。
お出かけの際はベビーカーにカバーをつけるなどして花粉との接触を防ぎましょう。
肌のバリア機能を高めるため保湿をすることも大切です。

【6周年感謝祭】冬 ベビーカーカバー レインカバー 防寒 日よけ 黄砂 花粉 PM2.5 エアダスト 紫外線 UV99%カット あす楽/MOMNEST-BABYCARCOVER

価格:4,320円
(2016/2/21 10:16時点)
感想(12件)

 - 妊娠中