ぽこママのてくてく日記

妊娠中や子育てのこと、ハンドメイドなど。 ついにママになりました。

妊娠すると身内に不幸がある?物が壊れる?不思議な迷信

      2016/04/05

子供を授かると、身内に不幸がある
または身内に不幸があると子供を授かるという迷信を
聞いたことがある方も多いのではないでしょうか。
今回はそんな迷信を調べて見ました。

スポンサーリンク

身内に不幸があると子供を授かる

近い身内の方のご不幸があった後に
子供を授かったという話しがネット上にも多くあります。
タレントの釈由美子さんもそのような話しをブログでされていました。
釈さんは2015年の1月にお父様を亡くされたのですが
その年の11月頃に妊娠されたようです。
しかも釈さんは妊娠は難ししいだろうという事をお医者様に言われていた体だったので
お腹の中に宿った子供は
もしかしたら父の贈り物かも知れないということを話していました。

子供を授かると身内に不幸がある

ちょっと逆な感じですが、こんな風にも言われますよね。

私がまだ働いていた頃、お店によく来る霊感のある客様と仲良くなりました。
その方は当時77歳の女性だったのですが
そういったスピリチュアル方面に詳しい方で姓名判断などもしていた人です。

その方がちょうど歌舞伎座を新しく改築している頃に仰っていたことなのですが
新しい歌舞伎座を建設中に
人間国宝の中村富十郎さん、中村芝翫さん、中村雀右衛門さんが亡くなりました。
また中村勘三郎さん、市川團十郎さんなども亡くなっていますね。

その方の話しでは
歌舞伎座などの伝統のある建物(大きな建物なども)は
人柱みたいなもの(悪く言うと生贄というのでしょうか)を持って行ってしまうそうです。
だから歌舞伎座が新しくなるという話しを聞いて心配していたのだといいます。

古くから家を建てる時などは、地鎮祭などを行ったりして
土地の神様を鎮めていますよね。
もちろん歌舞伎座の時もやったのでしょうが、歴史のある建物ですし
いろいろな霊的な要素が普通よりも強いのだそうです。

市川團十郎さんは、孫の勧弦くんの産まれる1か月ほど前に息を引き取っています。
そのことについてもやはり仰っていて、そういうものなのだと話していました。

妊娠すると物が壊れる

似たような話しで、お腹に命を授かると
電化製品であったり、なにか置物であったりが
壊れるという話しも聞いたことがあります。
迷信に過ぎませんが、新しい物を授かった際には
古いものは自然と役目を終えて行くのだとか…。

ちなみまた釈由美子さんの話しですが、安定期に入った辺りで
愛犬も亡くされました。

釈さんと言えば都市伝説にもなっている「小さいオジサンを見た」など
不思議な話しが多いので、霊感がありそうですよね。
もしかしたらそういう事も関係しているのかな?など考えてしまいます。

自然なこと

冷静に考えると、子供が産まれるような歳になれば
親戚にも高齢の方がいらっしゃるでしょうから
人が亡くなるのは自然のことと言えば自然のことです。
子供を授かったせいで…など考えている訳ではないのですが
この手の話しは昔からあるので、少し気になって調べてみたのです。

母の話し

私の母の話しでは、私を授かった頃
私の父の父(祖父)が亡くなりました。
私の誕生日から数えると丁度10か月ほど前です。
私が受精したかもしれない時期と言えるでしょう。

そして、私が産まれた頃に母の祖母(曾祖母)が亡くなりました。

だから、私の妊娠を聞いた時にも
「もしかしたら…」という事を思ったそうです。

先日、母の母(祖母)が倒れ、余命2か月だという宣告を受けました。
それは私の赤ちゃんが産まれる辺りです。
なんとか祖母にひ孫を見せてあげることが出来たらいいなと思っています。

もちろん亡くなっていないケースも

しかし兄の産まれる時も、妹の産まれる時もそのようなことはなかったですし
従兄弟の出産の時もありません。
偶然と言ってしまえばおしまいですが
なんだか姓名の輪廻というか巡りを感じたのです。

どうして産まれてくるのか
どうして亡くなっていくのか…

本当に生命とは不思議なものだと思うのです。

 - 妊娠中