ぽこママのてくてく日記

妊娠中や子育てのこと、ハンドメイドなど。 ついにママになりました。

母乳を出やすくする方法は?母乳のメリット・デメリット!

   

母乳で我が子を育てたいというお母さんは多いでしょう。
しかし産んだら自然に出るものなのでしょうか。
母乳があまり出ずに悩んでいるママの話などもあるので
産まれる前にできる母乳ケアの方法などを調べてみました。
また、母乳育児のメリットとデメリットとは…!?

スポンサーリンク

母乳のメリット

  • 栄養が豊富
  • コストがかからない
  • 手間がかからない
  • 非常時(災害など)でもミルクを上げられる
  • 肌が触れ合うことで赤ちゃんが安心する
  • 産後の母体の回復が良くなる
  • 母乳ダイエットになる

母乳のデメリット

  • 子供を他人に預けられない
  • どれだけの量飲んだのかがわかり難い
  • 消化が良いため授乳間隔が短い
  • ママの食べ物に気を使う

母乳の栄養

母乳にはカルシウム・リン・マグネシウム(鉄分)などが豊富に含まれています。
母乳は栄養素のばらつきや不足が少なく、
ママが赤ちゃんの為に健康的な食生活を心掛ければ、
赤ちゃんも母乳を通して、毎日健康的な食生活を送っていることになります。

また母乳には免疫に役立つIgA(免疫グロブリン)が
とても豊富で体力の少ない新生児をウイルスなどから守る働きが期待できます。

完全母乳では、
アトピーや喘息を発症する赤ちゃんが少ないとも言われています。
確実ではありませんが、予防効果には一定の評価があるそうです。

産前にできる母乳ケア

赤ちゃんが産まれるまではホルモンの関係で母乳はまだ出ませんが
(稀に産前でも出ている方がいます)
出産前にマッサージなどをしておくことで母乳が出やすくなります。

食事

動物性の油(バター)などを控えたり
肉ばかりの食事では乳腺が詰まりやすくなってしまいます。

和食中心の食事を少なくとも産前1ヶ月からは開始し
授乳期間中はなるべくそういった食生活を続けます。

また母乳の出やすくなるようなハーブティーも飲み始めたほうが良いです。

ハーブティー

ラズベリーリーフというハーブは昔からヨーロッパで
安産のハーブと言われ親しまれてきました。
出産前から飲むことで安産や母乳が出やすくなると言われ
ママたちに愛されているハーブティーです。

他にもフェンネル、レモングラス、ネトルなども
母乳の出を助けるハーブと言われています。
タンポポ茶にも血行を良くする成分が入っているので良いと言われています。

マッサージ

妊娠28週あたりから、切迫早産などの心配のない方は
体調を見ながら徐々にマッサージを開始します。
お腹の張りが出てきたらマッサージは中止してください。

脇の方から胸の膨らみの中心方向に
流すように何度か手を動かしたり
持ち上げるように動かしたりして血行を良くします。

母乳は血液なので、血流をアップさせてあげることが大切なのだそうです。

出産後にできる母乳ケア

出産後もあきらめなければ誰でも母乳は出ると言います。
母乳が出るまでの期間には個人差があり
産後すぐに出る人もいれば2〜3ヶ月かけて赤ちゃんに吸ってもらうことで
出がよくなったという話もあります。

出産後すぐに母乳が出ないからと諦めてしまうと
母乳は止まってしまいます。

出産後も和食中心の食事を心がけ
母乳マッサージも続けます。
さらに古い母乳が乳腺に詰まってしまうと出が悪くなるので
赤ちゃんに吸ってもらったり搾乳をして、根気よく出していきます。

助産師さんにマッサージ

自分でマッサージも大切ですが
慣れている助産師さんにマッサージしてもらうことで
乳腺が開通して母乳の出が良くなる場合もあります。

水分を多く取る

前述しましたが、母乳は血液です。
水分をたくさんとることでさらさらの母乳が出やすくなります。

母乳が少なければ粉ミルクを

母乳が出るまではミルクなどと併用をし
母乳の量が足りないなと思ったら粉ミルクを飲ませます。
出ないからと落ち込む必要はありません。

母乳は確かに栄養も豊富で、
完全母乳育児が良いとする風潮もありますが
今はミルクも各メーカーから大変すぐれたものが出ています。

私はコスト面や、手間などを考えて母乳もある程度出てくれたら良いなと考えていますが
粉ミルクなどを飲めないと誰にも預けられないので
完母でないとダメ!などそこまで気張る必要はないかな…と考えています。

 - 妊娠中