ぽこママのてくてく日記

妊娠中や子育てのこと、ハンドメイドなど。 ついにママになりました。

妊婦の足のむくみ!対策には水分排出のオイルでマッサージ

   

妊婦はむくみがやすくなります。
お腹が大きくなっていくことで足への血流が悪くなったり
体調が優れないため運動不足になったりと様々な理由があります。

スポンサーリンク

解消方法

足を温める

足湯などで足を温めましょう。
冬だけでなく夏場も冷房で冷えています。
冷えが足の原因になったり、お腹の張りにもつながります。
くつ下などをはいたり冷やさないような対策をしましょう。

足を高くあげる

寝るときは足を心臓よりも高い位置に上げて寝ます。
そうすることで足の血流が心臓に戻りやすくなるのでむくみの解消になります。

運動をする

体調が良ければウォーキングなどの軽い運動をしましょう。
足のポンプが活性化され、血流がよくなり足がスッキリします。

マッサージをする

お腹が大きくなると自分でするのは少し大変かもしれませんが
マッサージも妊婦だと断られる所が多いので自分でするマッサージの効率をあげる方法を紹介します。
mukumi
まずは使用するオイルにこだわって下さい。
むくみを解消する効果のあるものを使用すると
オイルを塗るだけでも、むくみ解消が期待できます。

クラランス アンティオー

体内にたまった水分を排出する効果が高いオイルです。
足のむくみにとても良いです。
独身時代、このオイルで3日間マッサージをしただけで会社の同僚には足が細くなったと褒められました。

お風呂で濡れた肌にこのオイルをつけてマッサージをし、軽く洗い流します。
洗い流す際はお水が推奨されていますが、無理な場合はお湯で流しても良いそうです。

クラランス マルチマス

上記のオイルでマッサージをするさい、こちらのマルチマスを使うと簡単に足のむくみがすっきりします。
手でマッサージも良いですが、エステティシャンの揉みほぐす技術や押し流す技術を
自分で簡単に再現出来るため、手でやったときよりもスッキリ感があります

クラランス リフトマンスール

オイルマッサージだけでも良いのですが
こちらは足のセルライト予防のクリームです。
お尻や足にさっと塗り、かるくマッサージすることで天敵のセルライト撃退が期待できます。

食事にも気をつける

あとは塩分の摂取を控え目にしたり、水分もしっかりとってください。
身体を冷やすのは良くないので常温のお水や白湯などが良いです。
またカリウムという成分は塩分の排出を促すので
バナナやリンゴなどを食べるのも効果的です。

 - 妊娠中