ぽこママのてくてく日記

妊娠中や子育てのこと、ハンドメイドなど。 ついにママになりました。

無痛分娩・和痛分娩とは?費用やメリット・デメリットは?

   

出産を控える女性は誰しも
出産の時、痛くなければ良いなと思うものではないでしょうか。
そこで無痛分娩というものについて調べてみました。
費用やメリット・デメリットも!

スポンサーリンク

無痛分娩とは

お産のときには

  • 赤ちゃんを押し出そうと子宮が収縮する痛み(陣痛)
  • 赤ちゃんが産道を通る時に骨盤が広げられる痛み

のに種類があります。
この痛みを麻酔によって取り除くお産を無痛分娩と言います。

和痛分娩

麻酔を使用するタイミングや、使用する麻酔の量などで
産院によって「無痛」ではなく「和痛」とよも呼ぶそうです。
この場合は痛みを取り除くのではなく
痛みを和らげる分娩となりますが
麻酔を使う分娩には変わりありません。

無痛分娩メリット

  • 母体への負担が少ない
  • 痛みによる筋肉の緊張がないた血流がよくなり会陰が伸びやすい

  • ママの精神が安定する
  • 赤ちゃんの負担が少ない
  • ママのストレスがないため骨盤周りの血流が良くなり
    赤ちゃんへ酸素が行きやすくなる。

  • 緊急帝王切開への移行がスムーズ

無痛分娩デメリット

  • 麻酔のかかり具合に差がある
  • 麻酔が効き辛いかったり、いきみにくさを感じることがある

  • 麻酔ににより一過性の頭痛や低血圧にある場合もある
  • 実施している病院が少ない
  • 時間帯によっては不可能な場合も
  • 麻酔医がいる時間帯のみ実施

  • 費用がやや高め

硬膜外麻酔

無痛分娩では硬膜外麻酔という麻酔を使用します。
これは背中から打つ局所麻酔のため、
分娩中ママの意識は保たれたままとなります。
麻酔薬も少量のため、
胎児への影響はほとんど心配ないと言われています。

しかし麻酔薬にアレルギーがある人や
麻酔を打つ背中部分に感染症がある場合、
また血が止まりにくい体質の方は
無痛分娩には向かないそうです。

入院スケジュール

無痛分娩の実施方法は大きく2つに別れます。

出産日を決めて入院する場合

妊娠37週以降で出産する日を決めて
前日に入院をします。
麻酔薬を注入する準備などをした後に
翌朝から陣痛促進剤などでお産を進めていきます。

陣痛が始まってから入院する場合

陣痛が始まってから入院をし、麻酔を受ける方法と
お産が長引いて体力がもたないときに本人などの希望で
お産の途中から無痛分娩にすることも出来ます。
ただし、設備の整っている産院に限ります。

費用

費用は、通常の出産と同じく保険適用外となります。
病院によって異なりますが、無痛分娩の費用は、
通常の分娩費用に5~10万円程度が追加となるくらいのようです。
大学病院などだと20万円ほどかかる場合もありますので
事前に確認しておきましょう。

 - 妊娠中