ぽこママのてくてく日記

妊娠中や子育てのこと、ハンドメイドなど。 ついにママになりました。

臨月の検診でNST!母子学級で試供品を沢山もらって来ました!

   

臨月に入りました。
臨月とは出産予定日まであと28日の時のことを言うそうです。
週数で言うと36週あたり。
あと一ヶ月ほどでお腹の赤ちゃんと会えると思うと
楽しみな気持ち半分、不安な気持ち半分というところです。
そして臨月に入ると週1ペースで検診が行われます。

スポンサーリンク

臨月の妊婦検診

36週に入ってぴったりの日に行きました。
この日はじめてNST(ノンストレステスト)というものを行いました。

NST(ノンストレステスト)

ノンストレス、つまりストレスがなく
子宮収縮のない(お産が始まっていない)状態のことです。
このときに胎児の心拍数を調べる検査をNSTと言います。
だいたい34週以降に行われるそうです。

お腹に機器を取り付けられ、
モニターで赤ちゃんの心拍数を確認します。
ドクドク…という音が聞こえました。
元気にお腹の中で成長している様子に嬉しくなります。

だいたい20分ほど心音を確認していきます。
とくに問題もなく、元気な様子でした。

ninpu

お腹の張り

その後はいつものように、先生の診察です。
エコーで赤ちゃんの状態を見ます。
36週で2482gでした。
2500gになると、赤ちゃんの器官も殆ど完成しているので
もう生まれてきても問題は無いようです。

しかし今のところお腹の張りも少ないし
赤ちゃんも下がってきていないので
お産はまだまだ先の様子でした。

夜は結構張るのですが、朝〜昼は平気です。
これからはどんどん動いて、どんどんお腹が張った方が良いそうです。
張ったら張っただけお産が近くなるということで
家事やウォーキングをばんばんするように指示が出ました。

週1になる妊婦検診

臨月に入ると、検診が毎週になります。
子宮口をみたりNSTをみたり、赤ちゃんの下がり具合を見たりと
いつお産になるか、逐一チェックするようです。

なのでまた1週間後に予約を入れました。

母子学級

里帰り先の産院でも母子学級(マタニティクラス)があったので
一応こちらにも参加してきました。
入院時の持ち物や、お産についての話などです。

前の産婦人科ではマタニティクラスは総合病院だからか
30名ほど集まり大人数でやっていたのですが
里帰り先の産院は個人病院。
3人のマタニティクラスでした。
なので、助産師さんにいろいろと質問をしたり出来る雰囲気でした。

そしてこちらの病院ではマタニティクラスのお土産がとっても豪華!
こんなに沢山いただきました。
sample
ハーブティー(ラズベリーリーフティやミルクブレンド)や
母乳パット、妊娠線予防の保湿クリームなどです。

もともと待合室にも、通販のカタログやらサプリの試供品やらが多い産院だったので
出入りの業者が置いていくのでしょうね。

貧乏性なのでサンプル貰えると嬉しいです(笑)

 - 妊娠中