ぽこママのてくてく日記

妊娠中や子育てのこと、ハンドメイドなど。 ついにママになりました。

妊婦の便秘と痔!処方された薬の内容と効果

      2016/02/28

妊娠するとホルモンのバランスが変化したり
子宮で腸が圧迫されたりなどいろいろな原因で便秘になりやすくなります。
私も便秘妊婦でした。
今回はそんなお通じの悩みについて書きます。汚い内容ですが申し訳ありません。

スポンサーリンク

もともと便秘体質

妊娠前からそんなに快調なタイプではありませんでしたが
妊娠してから腸のマッサージなども出来なくなり、より便秘が酷くなってしまいました。
妊娠4ヶ月あたりの検診で便秘であることは相談はしたのですが下剤の処方は断っていました。

いくらお医者様が良いといった薬でもやはり飲まないに越したことはないと思ったからです。
さらに下剤は依存性も気になり、それがないと出せなくなるようになってしまう気がしていたのです。

便秘と下痢を繰り返す

妊娠4ヶ月から5ヶ月あたりで、便秘と下痢を繰り返していました。
便秘よりは、下痢の方が出てスッキリするからいいやと思っていたのですが
下痢をすると腸の善玉菌なども体外に輩出されてしまうため便秘が酷くなるそうです。
そのため私の腸内環境がかなり悪くなってしまったようです。

便秘は5日まで

年が明け下痢が収まるといよいよ便秘がひどくなりました。
事前に便秘を相談した時に5日くらい出ないとちょっとまずい、というのを助産師さんから言われていました。
ぎりぎり5日は大丈夫だったので下剤を処方してもらうことはしなかったのですが
それが更に悪い自体を引き起こします。

妊婦の痔

下剤を処方するか言われた時に、痔になってしまうくらいいきむのはまずいから
気をつけて下さいね、と言われていたにも関わらずなってしまいました。痔に。
検診の3日前だったので、検診を早めてもらい痔の薬を処方して貰えることになりました。

処方された痔の薬

マグミット錠

便を柔らかくするための飲み薬です。
こちらは鉄剤との併用を控えるように書いてありました。
葉酸と鉄が一緒になっているサプリを飲んでいたため、サプリの服用は止めました。

ピコスルファートナトリウム

腸の動きを高める薬で、10〜20敵垂らして服用する液体です。
しかし妊婦の長期的な服用を控えるように注意事項に記載されています。
不安になり、飲んでも大丈夫なのか問い合わせすると
長期的というのは何ヶ月も飲み続けるということなので心配はないと言われました。
(しかし不安すぎて飲んでいません。)

ヘモポリゾン軟膏

ボラギノールのような患部に塗る塗り薬です。
ステロイド系の薬のようで、こちらも妊婦の長期的使用を控えるように注意事項が書いてありました。
しかし、こちらはしょうがないので塗っています。
調べてみても、飲み薬ではなく塗り薬ですし
胎児への影響は殆ど気にしなくても良い程度、ということでした。

薬の効果

妊婦でも飲める薬というのは正直効果は弱いそうです。
なので、これでも頑固な便秘は出ないかもしれないと言われました。
マグミット錠しか飲んでいないのもあり、やはりきちんと出ません。
便秘だからか、お腹も張りやすいような気もします。

妊婦の必需品、円座クッション

痔だから、というのもありますが
出産後にも役立つ円座クッションは重宝します。

円座クッション 送料無料 ベロアあったか生地採用!『癖』になるもっちり感 低反発 テンピュール にも劣らない ドーナツクッション 姿勢矯正 骨盤矯正 腰痛対策 痔にもドーナツ枕 ドーナツ型 クッション シートクッション 低反発クッション【マラソン201408_送料込み】

価格:2,856円
(2016/2/1 18:13時点)
感想(1200件)

妊娠してすぐに、先輩ママさんから円座クッションは産まれたら絶対必要だよ!
痛くて普通に座れないから!と言われていたのですが
産む前から必要になってしまいました。(笑)

 - 妊娠中