ぽこママのてくてく日記

妊娠中や子育てのこと、ハンドメイドなど。 ついにママになりました。

里帰り出産のメリット・デメリット!長時間新生児を車に乗せることについて

   

私は里帰り出産を予定しているのですが
里帰りのメリット・デメリットを考えて行きます。
新生児を長時間車に乗せるのは可愛そうと言われてたりもしました。

スポンサーリンク

里帰り出産とは

説明せずとも分かると思いますが…念の為。

出産の前後に実家にお世話になり
産後の赤ちゃんのお世話を実家の方々に手伝って貰いながら生活ができるので
産後の体力が低下したお母さんにとってはとても有り難い方法です。

里帰り出産メリット

  • 出産前・出産後など体の辛い時に家事をやらなくても済む
  • 赤ちゃんのことに集中できることは有り難いですね

  • 赤ちゃんの事をよく分かっている先輩がいる
  • 実母など、赤ちゃんの事をよく分かっている先輩が面倒を見てくれるので安心

  • 精神の安定
  • 実家ということで安心します

産後は水仕事などを極力控えたほうが良いと言います。
産後に無理をすると後々(更年期など)に影響が出るということで
なるべく体力を回復させるように、家事など頼めることは実家に甘えて楽が出来ます。
自分は赤ちゃんのことだけを考えていれば良いのです。

里帰り出産デメリット

  • 旦那の心配
  • 2ヶ月ほど家を開けるので、残された旦那の食事などの生活面の心配。
    また、よく聞くのは奥さんの里帰り中の浮気の心配などがあります。

  • 旦那に父性が芽生えない
  • 産後1か月ほど経過しないと帰ってこないので
    パパに父親の自覚が芽生えにくいと言います。
    産後の大変な時に育児の苦労を味わえません。

  • すぐにパパに会えない?
  • 家から遠い実家で出産した場合、パパはすぐに駆けつけられません。
    立ち会い出産が不可能になったり、
    産まれた赤ちゃんに会うまで時間がかかります。

  • 産後間もない赤ちゃんを連れての帰宅
  • 場所にもよりますが、産後間もない赤ちゃんを
    車に乗せて長時間帰らなければならなかったり
    電車や飛行機などの長時間移動はデメリットです。
    チャイルドシートに乗せれば殆ど問題はないと言われていますが
    車の振動による揺さぶられっ子症候群の心配もあります。
    公共交通機関は免疫力の弱い赤ちゃんには伝染病も気になりますし
    泣いたりしないかなどの心配も尽きません。

  • 助成券が使えない
  • 母子手帳を貰うと同時に、妊娠検査の助成券をもらい
    検診代が無料になっていると思うのですが
    住んでいる所と里帰り先の自治体が違うと、検診の助成券が使用出来ません。
    出産後、住んでいる自治体に使わなかった助成券を持っていけば
    現金化してくれるので後で検診費用が戻ってくることにはなりますが
    一時建て替え、ということになります。

私が里帰り出産に決めた理由

いろいろとメリット・デメリットがありますが
私が里帰り出産に決めた理由はやはり精神衛生上というのが大きな理由です。
旦那の故郷にUターンしてきた私達夫婦。
私の実家には車で高速を使って4時間ほど。
私は、友達も私方の親戚もいない場所に現在住んでいます。

一人目しか里帰り出来ない?

やはり初めての出産は不安でいっぱいです。
知り合いがいっぱいいる所で産みたいという気持ちが強かったのです。
しかも2人目以降で里帰りしたいと思っても
上の子が幼稚園などに通っていれば、遠くの実家に里帰りすることは叶いません。
最初で最後のチャンスだと思ったからです。

親戚に見せる

それに産まれた赤ちゃんを、私の親戚に見てもらうには
産後、首が座ってからでないと長距離移動をしてまで連れて行くことは出来ません。
里帰り出産ならば、友達親戚にも会うことができて
1か月後には帰って来るので旦那側の親戚にも間をあけずに見せられます。
私方には高齢の祖母がおり、なるべく早く見せてあげたいとも思っていました。

旦那の立会いが嫌

さらに、以前「妊娠記事」にも書きましたが
旦那はちょっと頼りないなとも思ったので
旦那の立ち会い出産も実は拒否しています。
助産師さんか、実母についていてもらいたいと考えていたのもあり
旦那には悪いですが、私の実家近くの病院に決めたのです。

関連記事:父性と父親の自覚を目覚めさせる!妊娠中のマッサージの方法も紹介

旦那の立会出産拒否の理由

自分が痛みで大変ななか、横でオロオロされたら
イライラしてしまいそうだなと思ったのと
出産の時は人が変わったように暴言を吐く人がいたり、
出産の時に粗相をしてしまう事もあるということを知り
旦那にはあんまりそんな姿を見せたくない、という気持ちがあります。

旦那様が出産に立ち会うことで
出産の苦労や大変さを分かちあえたり
父性が目覚めるという話しを聞きますが
それと同時に、出産という衝撃的な光景を目の当たりにしたことで
妻を女として見れなくなったという話しも聞きます。
(そんな旦那のほうが最低ですが…)

なんだか私はそういう壮絶な所を見せたくないなと思ったのです。

新生児の車移動について

いろいろな理由で里帰り出産に決めたのですが
本当に良かったのだろうかと葛藤があります。
いくら子供を産むためとはいえ数カ月家をあけること。

加えて旦那がうつ病になってしまった事もあり、
長期家をあけることが不安でもあります。

関連記事:妊娠中に旦那がうつ病。うつと診断されるまでの経緯

しかも里帰りした実家から産院は車で20〜30分ほどかかります。
今住んでいる所から検診に行っている産院は車で5分という近さです。
赤ちゃんのことを考えると、里帰りせず近くの産院で産んで…
というのが負担が少ないでしょう。

義父には産まれたばかりの赤ん坊を
長時間車に乗せるなんて可愛そうだ、や
産んでから何ヶ月も実家にいたって仕方ないだろう。すぐに帰ってこい。
などを何度も言われます。

長時間の車移動が新生児に負担になることは私だって心配していますが
旦那の妹も里帰りで、車で長時間新生児を乗せて帰って行きました。
それを知っている義父が私に言う言葉ではないと思うのです。

私の周りの先輩ママさんでも里帰りにあたり
新生児の長時間の車移動がありましたが、
問題ないよと言ってくれています。
義妹ちゃん自身も言ってくれました。

多分産まれた孫をすぐに見れないことが嫌なのでしょう。
それは分かりますが、産むのは私なのです。
里帰り出産をすることを責められているようで悲しいです。

あばあちゃんに見せたい…

そんな風に悩んでいた里帰り出産ですが
先日、私の祖母が倒れました。
心臓の病気で、もう長くはないと言われてしまったのです。
手術をしなければ倒れたその日にでも命が危なかったのですが
なんとか手術が成功し、命をつなぎ留めてくれました。
それでも余命2か月と言われてしまったのです。

2か月と言えば、出産の予定日の頃です。
なんとか祖母に赤ちゃんを見てもらいたいと思いました。

だから今は本当に里帰り出産に決めて良かったと思ったのです。
こちらで産むことにしていたら、確実に赤ちゃんを見せることは叶わなかったでしょう。

祖母が出産までもってくれるか分かりませんが
里帰りすればおばあちゃんの側にいれるので、
万が一の時に駆けつけることが出来るかも知れません。

 - 妊娠中