ぽこママのてくてく日記

妊娠中や子育てのこと、ハンドメイドなど。 ついにママになりました。

里帰りしカンジダ治療!性別も再度確認し男の子とほぼ確定!

   

里帰り先に帰ってきて初めての妊婦検診でした。
自治体でもらった新婦検診の助成券が使用出来ないので
一旦実費負担します。
そしてエコーで性別ももう一度確認してもらいました。
また、前回判明したカンジダの治療もしてもいます。

スポンサーリンク

里帰りでは助成券が使用できない

以前にも書きましが、里帰り先の自治体が
母子手帳をもらった自治体と違う場合は
妊婦検診などの助成券を使用することが出来ません。
出産後に使わなかった助成券を住んでいる自治体の窓口に持って行き
現金を返金してもらう形になるのですが
検診のたびに1万円ほど支払う形になるので
里帰り出産は意外と現金が減ります。

これを償還払いと言うそうです。

エコーで性別確認

私が通っていた産婦人科は性別を教えてくれない方針の産婦人科でしたので
お正月に一時帰省して、里帰り出産予定の産院で
性別を教えてもらって依頼確認が出来ませんでした。
お正月の時はぴったり妊娠5ヶ月に入った時で
性別判明はぎりぎり分かるか分からないかという微妙な時期でした。
しかし角度が良かったので、男の子であることが分かりました。

赤ちゃん性別判明はいつごろ?判明時のエコー写真

ですがそれから5ヶ月…
もしかしたら先生の見間違えかもしれないという不安がありました。
なのに普段通っている産婦人科では教えてもらえない…
もう一度はっきり男の子だと言われるまで
ちょっと自信がなかったのでお洋服などはまだ買えていませんでした。

そんな中、里帰りをし
出産予定の産婦人科での検査で再び男の子だと言われました。
エコーにもはっきり映っていたので間違いなさそうです。

これでやっとお洋服を買いに行けます(^^)
現在34週。
本当はもうとっくに用意しておかねばならない時期でしたが
どうせ荷物になるので里帰りをしてから
実家の近くでいろいろ揃えようと思っていたので
こんな時期になっています。

万が一早産になった時のために
多少肌着などはちょこっと買ってはありますが
チャイルドシートも抱っこ紐も
まだまだ全然揃えていません。

体重増加

また、前の産婦人科では体重増加については
あんまりうるさく言われなかったのですが
(8〜12kgの増加なら大丈夫と言われていました)
こちらでは私のBMIだと9kgまでの増加が理想だとのことで
とっくに10kg増加中の私は注意を受けました。

実家に帰ってきましたが
ごろごろダラダラせずに過ごすようにとのことです。

帰省して1週間。
今のところ入院中の祖母のお見舞いで出かけたり
産婦人科までトータル1時間歩いてみたりと
動いているので、家にいた時よりもハードに過ごしています。

しかし、最近は10kgも増加した体重のせいで
歩くのが非常に疲れます。
電車などで立っているたけでも
ふくらはぎや足首にかかる負担が増しているせいか
妊娠前よりも立っているのが辛いんですよね。
1年で10kg増加なんて、普通だとないですもんね。
体も悲鳴をあげているんですよね…。

カンジダの治療

前回、里帰り前の最後の検診で
カンジダ膣炎であることが判明しましたが
里帰り間近であったことや
痒みやおりものなどの自覚症状が殆どなかったことから
里帰り先での治療となりました。

妊婦のカンジダ治療期間は?赤ちゃんへの影響は?予防方法は?

オキナゾール膣錠という、1週間かけて溶け出していく薬を入れてもらいました。
他には特に飲み薬もなく
痒みがひどい様なら塗り薬も処方するけど、と言われましたが
相変わらずかゆみの症状も殆どなかったので
塗り薬もいただきませんでした。

毎日膣洗浄などで通う必要もないようで
治療といっても大したことはされませんでした。

 - 妊娠中