ぽこママのてくてく日記

妊娠中や子育てのこと、ハンドメイドなど。 ついにママになりました。

性別判明に疑問?里帰り先の先生とかかりつけの病院の先生

   

先日里帰り出産でお世話になる病院で
お腹の子の性別が男の子だということが判明しました。
それをかかりつけの病院の先生に言うと「え、もうわかったの!?」と驚かれました。

スポンサーリンク

かかりつけの病院の先生

以前も書きましたが、現在通院している総合病院の産婦人科では
お腹の子供の性別を教えてくれない方針をとっています。
そのため妊娠5ヶ月に入った頃に検診へ行った、里帰り先の産婦人科で性別を聞きました。
里帰り先の先生はまだわからないよ、と言いながらエコーを見たのですが
足が良い感じの所に写りこみ、男の子であることが判明しました。

その事を、かかりつけの病院での妊婦検診の時に言うと
「え、もうわかったの!?
まあ、ここじゃ性別教えないからなんとも言えないけど…
ちなみにどっちでした?」と聞かれ男の子であることを言いました。

先生はへぇ〜と言いながら熱心にエコーで確認してくれましたが
その病院のエコーでは性別判明はまだ難しい段階だと言っていました。
股付近も確認したのですが
「これじゃ、まだ僕はどちらとも言えないなぁ〜。
その先生よくわかったね」と驚かれていました。

里帰り先は3Dエコーでした。
かかりつけの病院は2Dだったので、そのためでしょうか。

この一ヶ月男の子と思っていましたが
まだ決めつけない方が良さそうですね。

男の子だと思ってたら女の子だった

性別を判定する時
ずっと女の子と言われていたのに、産まれたら男の子だったというケースはチラホラあるようです。
でっぱりがあったのに見落としていたため、産まれてみたら…ということです。

その逆はあんまり聞きませんが
知り合いのお友達がその逆のパターンで
男の子と言われてきたのに産まれたら女の子だったということがあったそうです。

医学が進歩したとは言え、所詮は人のすることなので
間違いは往々にしてあるということですね。

産まれるころまでに、なんとなく名前の候補を考えるのに
両方のパターンを用意しておかねばならないのは大変ですよね。
今、男の子の名前だけでも
苗字との画数や、漢字の成り立ちに不吉な意味を持つものはないかなど神経を使っているのに
女の子バージョンもと考えるとちょっと挫けそうです。。

 - 妊娠中