ぽこママのてくてく日記

妊娠中や子育てのこと、ハンドメイドなど。 ついにママになりました。

妊娠中の足のつけ根の痛みの原因は骨盤の開きのせい!?

   

妊娠7ヶ月に入ったあたりから
足の付け根に違和感を感じる様になりました。
立ち上がるときや、歩き始める時などに少し痛みを感じるのです。
調べてみると妊娠と関係があるようでした。
痛みの原因や解消方法などを紹介します。

スポンサーリンク

足の付け根に痛み

最初は朝起きた時や、長時間座っていた時などに気になり始めました。
なので、ちょっと同じ体勢でいすぎたのかな?
程度にしか思っていませんでした。
しかし、その違和感を感じる回数がだんだんと増えてきて
歩いていると違和感を感じたり、少し痛みを伴うようになってきました。

数日経過しても治りそうもないので
これはもしや妊娠と関係しているのかもしれないと思い始めます。

妊娠の進行による骨盤の開き

妊娠の進行に伴って骨盤が開くため、
痛みが出ることがあるそうです。

骨盤に負担がかかることなど、様々な要因が考えられますが
出産後は痛みが治まるということでした。

痛みの原因

  • 大きいお腹をかばうようになり姿勢が悪くなる
  • 妊娠中のリラキシンというホルモンの影響
  • 大きいお腹が足腰に負担をかけること

などが考えられます。

リラキシン

ちなみにリラキシンとは妊娠中に分泌の増える女性ホルモンです。
関節や靭帯を緩める作用があります。
リラキシンのおかげで分娩の時に赤ちゃんが産道をスムーズに通り抜けられるのです。

しかし骨盤のゆるみが原因で、腰回りの筋肉に負担がかかり
腰痛などの原因になることもあります。

骨盤に負担をかけないように

日常生活で骨盤に負担をかけないよう
配慮する必要があるようです。

あまりに痛みが酷いときは
痛み止めを処方してもらえるようなので
かかりつけのお医者様に相談してください。

気をつけること

  • 正しい姿勢を心がける
  • 下半身を冷やさない
  • 軽い運動やお風呂で温まる
  • マッサージなどをして血行を良くする
  • ストレッチをする
  • 骨盤ベルトで骨盤を固定

トコチャンベルトなどで骨盤を支えてあげることも大切なようです。
トコチャンベルトは産後の骨盤の開きを矯正するためにも
あると便利なので、痛みのある方は特に用意したほうが良さそうですね。

 - 妊娠中