ぽこママのてくてく日記

妊娠中や子育てのこと、ハンドメイドなど。 ついにママになりました。

妊婦がやってはいけないこと!ひねりや背伸びがNG?

   

妊娠中にやってはいけないと言われていることをまとめてみました。
ついつい知らずにやっていた動作などが
実は早産や流産につながる可能性がありびっくりしています。

スポンサーリンク

体を冷やす

冬はもちろん、夏の冷房も大敵です。
靴下をはくなど対策をしましょう。
また体を冷やす食べ物のとりすぎも注意が必要です。
簡単に言うと夏が旬の野菜、トマトやスイカなどは体を冷やす作用があるので
美味しいからと食べ過ぎないで下さいね。

冷やすとどうなるの?

お腹が張りやすくなったり、むくみが出たり、産後の母乳が出にくくなるなど
いろいろと影響があります。

重たい物を持つ

重たい物を持つとお腹に力が入り、流産につながることがあるそうです。
腹筋もしてはいけないと助産師さんに言われました。

飲酒・喫煙

これは当たり前…ですよね。
ちょっとなら大丈夫などと思っている人…いないですよね?
赤ちゃんの発育に影響したり、胎盤早期剥離などのリスクがありますので
絶対にだめです。

背伸びをする

これは知りませんでした。
背伸びをすると赤ちゃんが下に下がってきてしまいます。
臨月になかなか降りて来ない赤ちゃんを下げるために腕を上げる動作をするそうです。
なのでストレッチで伸びをしたり、高い所の物を取る時など気をつけて下さい。

激しい運動

球技などはお腹にあたる危険があるためNGです。
ランニングなども、疲れやすい妊婦さんにはあまり向かない運動のようです。
ひねる動きの多い、ゴルフやテニス、卓球なども控えたほうが良い運動です。

ストレスをためる

これは知らず知らずのうちに溜め込んでしまうものですが
やはり妊娠中というのはホルモンバランスも乱れますし
赤ちゃんが無事に産まれてくるかなどの心配もあり
いつも以上にストレスをうけます。
ストレスや不安はお腹の赤ちゃんにも伝わってしまいます。

 - 妊娠中